バナナドッグって?

2010年日本生まれ。バナナドッグはアーティストのにしはら しょうへいが、当時勤めていたインターナショナルスクールの子供たちのために描いた絵本のキャラクターです。

バナナドッグの絵本の読み聞かせをするしょうへい(2010年)

バナナドッグのコンセプトは「国境を越えて愛されるキャラクター」です。バナナドッグはバナナと子犬を受け入れてくれる文化は多いという考えから、デザインされました。

最初のバナナドッグの絵(2010)

バナナドッグは魔法のバナナの木からは生まれる、頭が犬でしっぽがバナナの不思議な犬です。大きさはバナナ一房分。世界のどこかの暖かい島で、魔法のダンボール箱に住んでいます。バナナドッグはそれぞれ個性的。しっぽはどんな果物よりも甘くて濃厚で、食べた人を幸せにします。

太陽と月の光をたくさん浴びた特別なバナナがバナナドッグになる。
同じ房から生まれたバナナドッグは家族になる。
バナナドッグがいると言われる島
魔法のダンボール箱なら雨風も平気。
魔法のダンボール箱の中へようこそ!