作者

にしはら しょうへいは東京で活動する、日本人・中国人のアーティスト。1985年、福岡生まれ、横浜育ち。幼い頃から絵を描くことが好きで、高校卒業後はボストンの美術学校でアートを学びました。しょうへいはヘルスケア業界に10年以上従事し、現在は東京の製薬会社に勤めながら、バナナドッグのアート活動をしています。

しょうへいのアートはフォーヴィスム、キュビズム、シュルレアリスム、バウハウスなどの思想に影響を受けており、程よく抽象的で夢があり、シンプルな作品作りを心がけています。しょうへいは美術素材を尊重し、それらの価値を最大限に活かせる表現手法を好みます。他のアート分野の専門家とのコラボレーションも大好きです。

アートの他では、しょうへいは空手のファンであり、いつか黒帯になることを夢見て道場に通っています。海でゴミやきれいな石を拾うことも好きです。しょうへいは動物全般を愛しており、特にげっ歯類に目がありません。好物はトマトと目玉焼き。

しょうへいは英語と日本語に堪能で、ドイツ語をほんの少し理解します。

詳しいプロフィール